◆新しい記事一覧表◆

女のコからの返信率
出会い率・即アポ率が激高!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
まずは無料ポイントでお試しハッピーメールはコチラをクリック(18禁)

本日は「何で俺、橘が女性のお尻(ケツ)フェチになったのか?」について書いていきます。

このお話は俺個人の過去談なので、このサイトの最大の目標・お気に入りの女性との出会い には関連性が薄いかもしれませんが、共感してくれる男性がいたら嬉しい限りです。


思い起こせば俺が小学校5年生の時、お昼のお掃除の時間に雑巾を持って廊下を拭いている時に衝撃目撃がありました。

隣の教室の1つ上の先輩女性(小6)も、必死に廊下を雑巾で拭いています。

それもパンツ見え見えの、少し短いスカートのクラウチングスタイルで…。

こんな感じ
↓↓↓↓↓↓↓

雑巾を持って廊下を拭きながら、パンツが見えているのを俺が凝視してオナニーの材料にしているのを、先輩は気がついていない…(=^┬ ┬^)

とっても可愛い先輩で、前から気になっていて、正直、その先輩を想像してコンニャクオナニーも経験済みでした。

ちなみに、俺が初めてオナニーしたのは小5の初期です。

その先輩のクラウチングミニスカお尻パンチラスタイルショットが楽しみで、掃除の時間が楽しくなり、俺は、毎日のようにその先輩女性のお尻ばかり追いかけていました。

お尻フェチといういう言葉がまだ無い頃だったのですが、俺はお尻フェチになっていました。

その先輩のお尻でもオナニーは体験済み。

完全にお尻フェチになった俺は、小6から読み始めたエロ本でも頂戴ポーズや尻丸出しの画像に興奮して、中学生になると毎日のようにオナニーに励む日々が続きました。

大人になったいまの俺も、やっぱり尻フェチ。

こんな精神状態にした俺の先輩女性は今ではオバサン。

結婚もしてお子様もいるのですが、俺にとっては永遠のヒーローです。


黄金比率!男女登録比率6:4!
業界トップクラスの出会い率ハッピーメール!(18禁)

▲▲▲▲▲▲
ハッピーメールは最大120の無料ポイントが貰えます

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »